07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

プレゼンテーション方法論とその周辺

平凡なサラリーマンがプレゼンテーションの方法論や企画のアイデアを思いつくままに書いていきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

TV業界の未来ー 

TVが唯一無二のメディアだった時代はとうに終わったというのに、未だに実態のない視聴率に振り回され続けてるのもおかしな話なのだが、それを差し引いいても酷い有様ですねえ。特にフ○テレビ。

テレビ欄が端っこになったとか、Kの法則とか、岡村さんの発言とかいろいろ聞くけれど、何をやっても裏目にでるってのはどうなんでしょうね。

かくいう私も基本テレビはもうリアルタイムでは、ほぼ見ません。気になるのを録画してストックを作り、時間があるときにはストックの中から最初の方だけまず見て、見続けるか削除して別のにするか決めています。当然CMはスキップ。デジタルにうとい高齢者を対象にした番組以外のCM提供会社は何を期待してるんだろうとか思ってしまいます。

ただ、視聴率にこだわらないなら解決策はあるかもしれません。

例えば、番組を放送後一定期間はテレビ局の公式サイトで無料ストリーミング配信。もちろんCMスキップは不可に。
録画を忘れても公式で見れるようにしておけば、違法動画を根絶やしにできるかも。
また、ドラマは1日前倒しで有料ストリーミング放送。続きを早く見たい人に課金してもらう。前倒し放送はディレクターズカットにして、通常放送とは少し変えておくと2度美味しいかも。
あと、CMスポンサーの商品(消耗品が望ましい)をテレビショッピングにして、その売上にてドラマが続くかどうか決まるみたいな新手のAKB商法もありかも。

とにかく、知恵をこらせばまだまだテレビも頑張れると思うのです。是非、頑張って頂きたい。
スポンサーサイト

category: 未分類

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

カウンター

テキスト翻訳

AMAZON

リンク

最近の記事

Lc.ワードハイライト

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報

新管理メニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。