06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

プレゼンテーション方法論とその周辺

平凡なサラリーマンがプレゼンテーションの方法論や企画のアイデアを思いつくままに書いていきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

プレゼンテーション支援ソフト 

必ずしもプレゼンには関係ないが便利なソフトウェアがある。
MaxiVista Mirror Pro

このソフトはLANで接続された他のPCのモニタをセカンドモニタとして使用できるようにするもので、PCとプロジェクタの距離が離れている場合でも、長いビデオケーブルがなくてもプロジェクタ近くに別のPCを用意してLANで接続すれば舞台上のPCと同じ画面を接続したPC経由でプロジェクタに写すことが可能になる。LANケーブルは最近非常に薄いものが市販されているので太いビデオケーブルを振り回すより楽だし、値段も安い。

もちろん、PowerPointが2台のPC両方に入っていればPowerPointのプレゼン配信機能で同じことができる。しかし、1本分のライセンスしか持っていない場合には、こちらのほうが安くすむ。会社によっては機密保持の観点からプレゼン配信機能を使えなくしている場合も多いと思う。

もともとは、ビデオカードなどの追加なしにデュアルモニタ環境を構築できるというのが本ソフトの特徴なので、PowerPointのLAN配信はむしろ副次的な産物であるが、もし興味があれば試してみてほしい。

ノートPCの場合、内蔵のハードが対応していないと、ハードウェア的なデュアルモニタ環境の構築は難しい。

ノートPCでも利用可能な拡張用ハードウェアを紹介しておく。
CBMLX2
これはTYPE2 PCカードスロット用拡張カード。


また、デスクトップでもビデオカードが増設もしくは変更できない場合に用いるのが「MATROX DualHead2GO」。
これは内蔵モニタ出力とモニターの間に挟んで用いる。内蔵ビデオカードを利用してデュアルモニタ環境を構築するハードらしい。

ご参考まで。
関連記事

category: プレゼンテーション

thread: スキルアップ - janre: 就職・お仕事

cm --   tb 0   page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://code3600.blog51.fc2.com/tb.php/13-2b4b3f5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

カウンター

テキスト翻訳

AMAZON

リンク

最近の記事

Lc.ワードハイライト

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報

新管理メニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。