07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

プレゼンテーション方法論とその周辺

平凡なサラリーマンがプレゼンテーションの方法論や企画のアイデアを思いつくままに書いていきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

イベントの企画 

会社に入って直ぐソフトボール大会を主催した。おかげで会社のあらゆる部署に顔を売ることができ、交友関係も広まった。結果、今では色々と融通して貰ったり、今の地位も他の部署からの評判とかが影響しているのかもしれない。

ある程度の規模の企業であれば、新入社員だからといって、地域の野球場を確保したり、花見の場所を取ったりするのは時代錯誤もいいところだろう。だからこそ、新入社員が自分から率先してこれらをやるのは相当なインパクトがある。

あとの問題は企画の内容だが、これにもコツがある。とにかく女の子を集めればよいのだ。女の子が集まれば男は放っておいても集まる。
例えば、単なる「ソフトボール大会」では、それほど女の子は呼べないが、ソフトボール大会にBBQや花火大会をセットすれば女の子の動員力は相当アップする。「テニス」とか「スノボ」なんかは、それだけで女の子をそれなりに呼べる。「ゴルフ」も今はある程度の動員を見込めるだろう。しかしながら、もう一点目玉コンテンツを追加して女の子の動員を増やせれば、イベントの規模は一気に大きくできる。

あとは、イベント中は出来るだけ裏方に徹すること。あまり目立ってはいけない。参加者は企画者が目立つために集められたと思うと不快に感じるからだ。その当たりを注意してイベントを企画しよう、新入社員諸君!
関連記事

category: 企画

thread: 職場でのできごと - janre: 就職・お仕事

cm 0   tb 1   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://code3600.blog51.fc2.com/tb.php/160-031fce97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフェッショナルの条件―いかに成果をあ

ドラッカーの入門書としては、最高の名著だと思う。彼の作品はマネージメントに関するものが多いが、本書は、人間の生き方や成長についても触れられており、自己啓発書的要素もふんだんにあるので、誰が読んでも、興味深く読める一冊である。産業社会からの歴史を振り返り...
企画の感動 [2007/09/28 07:49]

page top

プロフィール

カウンター

テキスト翻訳

AMAZON

リンク

最近の記事

Lc.ワードハイライト

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報

新管理メニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。