08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

プレゼンテーション方法論とその周辺

平凡なサラリーマンがプレゼンテーションの方法論や企画のアイデアを思いつくままに書いていきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

”幸せ”は掴み取るもの 

また後輩が会社を去った。

会社が効率化をうたって業務のマニュアル化・定型化を進めるたびに、ベルトコンベアーに向かっているロボットのような気持ちになって、やりがいを失い辞めていく。

でも、それって他の会社でも同じ事になってるんじゃないの?
たまたま、この会社がちょっと早かっただけ。他の会社に移っても業種が同じなら近い将来、同じジレンマに悩むことになる…。

さらに言えば、中国とかから安価な労働力が大量に来たら、俺らなんていつでもお払い箱になりうるんだよ。

今の時代、ただ会社から与えられるのを待っているだけでは、何も得られないんだ。


だから今度、俺は業務範囲外の内容についてのコンサルをやってみることにした。社内の人間を対象にした参加自由の公開講座だが、それなりの人数のオーディエンスを集められそうだ。

プレゼンテーションはもちろん今まで習得した技術をフル活用し、内容は今の自分にできる最高の品質にまでブラッシュアップしたつもりだ。

たとえ失敗しても、社内相手だし、もともと専門外だし、ということでダメージは少ない。成功すれば評価され、他の職種への道も開ける。

たとえベルトコンベアでも、多少給料が他社より安くても、日常業務をちゃんとこなしていれば、こんなことをやっても文句を言わない会社なのだから、利用できるだけ利用してから辞めたら良いのに
…と辞める前にアドバイスできなかったことが悔やまれる。


俺は逃げない。
業種を変えざるを得なくなっても大丈夫なよう、いろんなジャンルの勉強をして自分自身のブランドを確立し、その日に備える。

関連記事

category: 未分類

thread: 職場でのできごと - janre: 就職・お仕事

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://code3600.blog51.fc2.com/tb.php/35-939d64fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

カウンター

テキスト翻訳

AMAZON

リンク

最近の記事

Lc.ワードハイライト

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報

新管理メニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。